デミオディーゼル車の不具合最近の情報!具体的な症状や対策はあるのか?

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

MAZDAの人気コンパクトカー「デミオ」。

「ゼロからの革新。世界一のクルマをつくる。」というMAZDAの新技術「スカイアクティブ・テクノロジー」によりエクステリア・インテリアは、もちろんのこと走行性能・燃費性能・安全性能を向上させ、コンパクトカーとしての人気を不動のものとしている現状には大変驚かされています。

人気のデミオの中でもクリーンディーゼルを搭載した「デミオXD」は注目度も非常に高く、あっという間に人気車となり、MAZDAの「顔」ともなりました。

スポンサードリンク

デミオディーゼル一番最近の不具合は?

クルマには付き物と言われる不具合による「リコール」が、デミオディーゼル車にも出てしまっております。

一番最近では平成30年2月にMAZDAが国土交通省に届け出を出しました。

今回はそのリコールにスポットを当てて、不具合情報と具体的な症状や対策についてご紹介していきます。

デミオディーゼル不具合によるリコールの詳細内容

平成30年2月1日、MAZDAが国土交通省に届け出を出し、対象となったクリーンディーゼル車の台数は多く、多くのユーザーは衝撃を受けました。

そのリコール対象車の台数は、

「デミオ」86,958台・「CX-3」60,166台・「アクセラ」11,661台

「合計」158,785台にものぼってしまいました。

その内容は何なのか?

詳細内容を正確な情報をお伝えするために、MAZDAオフィシャルサイトを参照しています。

MAZDAオフィシャルサイト「リコール情報」より

デミオディーゼル不具合情報

引用:https://www2.mazda.co.jp/service/recall/ra/20180129002/4172-2.html

「基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因」

1.  ディーゼルエンジンにおいて、エンジンの保護制御が不適切なため、無負荷状態でアクセルを全開した際に燃焼異常が発生しても、エンジン保護機能が作動しません。そのため、燃焼異常により燃焼圧力が上昇し、最悪の場合、エンジンが破損するおそれがあります。

2. ディーゼルエンジンにおいて、低車速で加減速する走行を繰り返すと、燃焼時に発生する煤の量が増え、インジェクタ噴孔部に堆積し、燃料の噴霧状態が悪化することで、さらに煤の量が増え、排気側バルブガイド周辺に堆積することがあります。そのため、排気バルブが動きにくくなり、圧縮低下による加速不良や車体振動が発生するとともに、エンジン警告灯が点灯あるいはグローランプが点滅し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります。

スポンサードリンク

リコール後のデミオディーゼルMAZDAの対策

リコールを国土交通省に届け出を出した後のディーラーの対応は、不具合を出してしまったことへの責任はもちろん、今後の自動車メーカーとしての在り方示す行動となります。

もっと深く言うと、

リコールを出してそのままダメになる自動車メーカーなのか?

リコールへの対応をしっかりと行い、次へ繋げることができる自動車メーカーなのか?

ピンチとも言える状況で、どうMAZDAは対応すると決めたのかをお伝えします。

デミオディーゼルの走り

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

MAZDAによる対象のクリーンディーゼル車への改善措置内容

クリーンディーゼル対象車のユーザー様には、不具合内容をお知らせし、

「エンジン警告灯」または「グローバルランプ」が点滅した場合は、

  1. 速やかにMAZDAまで連絡し、
  2. 点検入庫をするよう案内をし、
  3. 入庫した対象車はエンジン制御コンピュータなどを点検し、
  4. 排気バルブの「バルブスプリング」「インジェクタ」を無償で交換作業を実施する。
  5. さらに、エンジンや黒煙除去フィルターについたススを清掃する

という以上の内容で改善措置を行うことを発表しました。

デミオディーゼルの内装

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/interior/

※MAZDAの見解によると、この改善措置対応の作業は、おおよそ2時間ほどの時間を要すると言います。

また、ユーザー様にはディーゼル車はできれば最低30分以上の走行を心掛けて頂くように説明をしているとのことです。

スポンサードリンク

意外と知られていない、自動車のリコール豆知識

新車を購入する場合は問題ありませんが、中古車を購入しようとした場合は、その車種に何かしらのリコールが発生していたかどうかを確認する必要があります。

リコールは、新車だけでなく中古車ももちろん対象となりますが、何年も前のリコール情報などはそのまま放置されている可能性があります。

さらに、登録情報からユーザー様へ連絡が行くはずですが、中古車だとスムーズに連絡が取れない場合が多いため、購入前に自分でリコール情報を確認する必要があります。

引用:https://www2.mazda.co.jp/service/recall/vsearch?link_id=sbnv

どこの販売店で売ってる中古車もリコール確認が必要?

対象車種メーカーのディーラー中古車販売店であれば、リコール対象車の改善措置が行われている場合が多いです。

しかしディーラー意外の中古車販売店で売られている車がリコール対象車であっても、改善措置が行われていないことが多いため、中古車を購入する前に必ずメーカーホームページ等の「リコール情報」は必ず確認する必要があります。

なぜ車にリコールは付きものなの?

車に付きものと言われる「リコール」は、車を作る際に使用する部品が約2万5千個~3万5千個ほど使用しているため、不具合の全くないパーフェクトな車を製造することは困難であると考えられています。

そのことから、車には「リコール」が付きものと言われるようになってしまっているんですね。

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/

デミオディーゼルに搭載「SKYACTIV-D」の良さを改めて紹介!

「気持ちよさに磨きをかけた、コンパクトなクリーンディーゼル」

加速性能、燃費性能、環境性能全てが優れたエンジンとなっているクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」。

ディーゼル車ならではの独特のエンジン音を非常に少なくすることができ、静粛性までも圧倒的な向上をさせているエンジンです。

デミオディーゼルに搭載「SKYACTIV-D」

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/driving/skyactiv/

ピストンピンに組み入れたダンパーが燃焼で起こるノック音を打ち消すことのできる技術「ナチュラル・サウンド・スムーサー」を採用しました。

ディーゼルエンジンのノック音を大幅抑えることに成功しエンジンサウンドの向上を実現したエンジンです。

さらに日本の経済産業省もクリーンディーゼル車に対する補助金制度も始めています。

その素晴らしいクリーンディーゼルエンジンをデミオは搭載しているのです。

再度、SKYACTIV-Dを搭載したMAZDAデミオの素晴らしさを思い出して頂けたでしょうか?

デミオディーゼル

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

デミオディーゼル車リコールのまとめ

デミオディーゼル車の「リコール」について不具合情報と、具体的な症状や対策についてお伝えしてきました。

みなさまはこの「リコール情報」を聞いて、デミオディーゼルに対するイメージや考えは、どのように変化しましたでしょうか?

平成30年にMAZDAがリコールの届け出を出した時は、デミオにも搭載しているクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の信頼は、確かに落ちてしまいました。

デミオディーゼルに搭載スカイアクティブ

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/

しかし、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の性能は非常に高く、今までのディーゼルエンジンの常識やイメージと全く違います。

カイテキな乗り心地の「静粛性」

お財布に優しく生活が豊かになる燃費性能」

環境に地球に優しい「クリーン性能」

が大幅に向上しMAZDAの技術の素晴らしさが全面に押し出されています。

  • みなさまがデミオに乗るイメージを大きく膨らませてみてください。
    街乗りが多く、チョイ乗りがメインとなる方は、「デミオのガソリン車」を。
  • 休日をメインに遠くへお出かけやドライブに行くことが多い方は「デミオのディーゼル車」を。

選ぶ基準や選択を、しっかり考えれば、「デミオ」のイメージが全て悪いということにはならないと思います。

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/interview/skyactiv-g/01_1/

今回のリコールを受けて、MAZDAのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」は、さらなる進化を遂げて、私たちに素晴らしい姿を魅せてくれるに違いありません。

これからも、MAZDAデミオは私たちの「想像」を上回る、素晴らしい未来を「創造」してくれるでしょう。

最後までお読みくださりありがとうございます!

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

「出来るだけ値引きしてもらって安く買いたい…」
「ディーゼル車に乗りたいけど高いよな…」
「値引き交渉とか正直苦手…」
「ディーラーを何件も回るのはめんどくさい…」
「ディーラーにうまいこと言われて高く買わされるのが嫌…」
「新車を少しでも安く手に入れたい…」

新型デミオを手に入れたくても、
なかなか簡単には決められません。
そしてネットでの情報はあまりにも
溢れていて、何を参考にしていいのか
分からなくなりますよね。

友人に相談すれば、車のウンチクを語られたり、
家族には「安ければ何でもいい」と言われてしまい、、
なかなか解決はできません。

そんなアナタにとっておきの裏ワザがあるんです!!

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

知っているか知らないかだけの違いで
ここまで大きく金額に差がでてくるんですね

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする