デミオ新型のサイズは?大きさを徹底解説!ライバル車CX3より大きい!?

デミオのサイズまとめ

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

初代デミオは「小さく見えて、大きく乗れる」というコンセプトで設計されました。

そして現在の新型デミオは4代目となりました。

初代デミオのコンセプトは受け継がれているのか?

今回は4代目となる新型デミオの「サイズ」、「大きさ」に焦点を合わせて、外観のサイズや車内の大きさ、トランクルームの広さ、さらにライバル車であるCX-3との比較もご紹介していきます。

スポンサードリンク

デミオの外観サイズを細かくチェック!

デミオ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/?car_id=demio

初代デミオが登場した当時は、ミニバンブームだったということもあり、機械式の立体駐車場に入れない車が非常に多い時期でした。

そんな中、利便性を上げて使えるコンパクトカーとして登場した初代デミオは機械式の立体駐車場に対応する高さで設計されたという経緯があります。

とことん利便性にこだわった初代デミオと、デザインを一新した4代目新型デミオのサイズを比較し、新型の4代目デミオも「使いやすいサイズなのか?」検証していきます。

デミオの長さ、横幅、高さのサイズを初代と4代目で比較してみました。

以上の表で見てみると、長さ、横幅、の2点は若干4代目デミオが大きくなっています。

高さに関しては初代デミオの方が高いので、4代目デミオの方が車高自体の低さを感じさせます。

全体的に見て4代目デミオは少し大きくはなりましたが、若干のサイズ感なので違いは全く気になりません。

むしろ気になると言えば、

長さと横幅を大きくし、高さを少し下げることによって初代に比べてスタイリッシュになり、都会で求められているコンパクトカーとしてピッタリの姿に生まれ変わったように感じます。

デミオ引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/15mb/

スポンサードリンク

デミオ車内のサイズを徹底深掘り!

車で「デミオ」という名前を聞くと、NBAのスーパースター選手スコッティ・ピッペンさんが出ていたCMを思い出す方は多いのではないでしょうか?

クルマ好きには印象深いMAZDAの救世主となった初代デミオ。

この初代デミオのコンセプト「小さく見えて、大きく乗れる」を4代目デミオは継承しているのか?

車内の大きさ、トランクルームの広さや使い勝手、機能性までも紹介していきます。

デミオ車内の広さ引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/interior/

デミオの車内は意外に広い!?

4代目デミオの車内の寸法は、

「全長1,805mm」「全幅1,445mm」「全高1,210」

というサイズになっています。

乗った瞬間に広さを感じ、コンパクトカーとは思えない造りとなっています。

特に運転席、助手席は足元が広く設定してあることと、体に心地よくフィットする形でゆとりのあるシートを採用していることにより快適に過ごすことができます。

さらに外観では低いと感じた高さも、乗ってみると天井の高さにも余裕があり全体的な広さを表せている印象を受けます。

ただ、後部座席では大柄な男性ならば少し足元が窮屈さを感じさせてしまうかもしれません。

女性や子供なら快適な空間を演出してくれるでしょう。

また、車内の広さは実感できる造りでも、荷物を積んだりするときは狭いと感じてしまうのではないか?

という心配をされている方は多いと思いますが、4代目デミオの優れた機能性と広く設計されたトランクルームを見れば「使える」と納得していただけると思います!

車内のポイントまとめ

デミオトのランクルーム引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/interior/functionality/

1.実際の使いやすさから考えられた「インテリア収納」で、乗車するときの必需品のドリンクや小物などの収納スペースがあり、室内の無駄をなくしています。

2.荷物の積み下ろしがラクになるように、高さも横幅も広くしたリアゲートでスムーズに荷物の出し入れができるような設計にしてあります。
リアゲートを開けた瞬間に思わず「広い!」と言ってしまうほどです。

3.リアシート部にはアレンジできる「6:4分割可倒式シートバック」を採用し、使いやすさと大きい荷物の積みやすさを追求し実現しました。

デミオの車内の広さ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/interior/functionality/

スポンサードリンク

デミオ ライバル車CX-3と比較!

MAZDAのコンパクトカーと言えば、「デミオ」とコンパクトSUVの「CX-3」です。

スポーティーな走りの都会派のデミオと、コンパクトSUVとは思わせない圧倒的な存在感のCX-3のサイズを外観、車内ともに比較してみます。

この比較で、意外な事実が明らかとなります。

デミオの素晴らしさが浮き彫りとなりますので、しっかりと確認してみてください。

デミオのバックアングル引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/accessories/

デミオとCX-3のサイズ比較

やはりSUV車のCX-3の方がデミオより全体的に大きくなっています。

しかしながらCX-3はSUV車にしては大きすぎず、しっかりと街乗りにも合うように開発された車であるということが伝わってくるサイズ感です。

CX-3

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

外観では、コンパクトカーのデミオに比べ、コンパクトSUV車のCX-3が全体的に大きいサイズでしたが、車内の広さには、ほとんど変わりがないことが明らかとなりました。

しかも、外観ではCX-3より小さかったデミオの方が車内の横幅は上回っています。

正直、この結果は意外だと感じた方は多いと思います。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/interior/functionality/

デミオとCX-3のトランクルームの違い

車内の寸法は座席のあるインテリア部分の紹介でしたので、荷物を入れておくトランクルームの違いを確認してみます。

トランクルームの容量は

デミオが「280L

CX-3が「350L」(BOSEシステム装着なし時)

となっており、アウトドアで使用される、釣りや登山の道具、さらにキャンプ用品やゴルフバッグなどを多く積むことが想定されるSUV車のCX-3はデミオと比べ、トランクルームは圧倒的な広さとなっております。

しかし、リアゲートを開けたときの開口部分は、

デミオ「高さ850mm、最大幅950mm」

CX-3「高さ720mm、最大幅950mm」

という寸法になっています。

荷物の出し入れに関してはデミオの方が上という結果になりました。

デミオのサイズまとめ

たくさん魅力のあるMAZDAデミオの購入を検討されている方や、デミオに興味のある方に向けて今回はデミオのサイズについて「外観サイズチェック」「車内サイズの深掘り」「コンパクトSUV車CX-3との比較」という形でご紹介してきました。

コンパクトカーというカテゴリーの「デミオ」の外観からは、想像できない車内の広さは初代デミオのコンセプトを継承していることに確信が持てるほどです。

デミオに乗る女性引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

ただ広い訳ではなく、広くするためのアイデアと機能もデミオには搭載されています。

無駄なスペースを無くし、室内空間を広くする「インテリア収納」、使い勝手を追求し大きな荷物も積めるようアレンジできる「6:4分割可倒式シートバック」

この2点の充実した機能によってもコンパクトな見た目でも、しっかりと室内は大きく、さらに「使えるクルマ」そのことを実現することができています。

初代デミオは衝撃のデビューを果たし、「小さく見えて、大きく乗れる」のコンセプトで、まさに使えるコンパクトカーとして大人気のクルマとなり、カーオブザイヤーの受賞もしてMAZDAの救世主となりました。

「初代デミオのイメージを壊してほしくない」と思う方も、「新型デミオは今までと全く別ものだ」

という方にも、MAZDAが大切にしてきた「デミオへの想い」は、サイズにスポットを当てたこの記事から少しでも感じていただけたらと思っています。

be a driver引用:https://www.mazda.co.jp/

ズバリ言います。

デミオは初代のコンセプトをしっかり継承し、都会派のあなたのための「使えるカッコいいクルマ」に生まれ変わっています。

デミオ購入を検討中の方は、是非MAZDAに足を運んで体感してみてください。

きっとデミオの広さに感動することでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/?car_id=demio

関連記事

デミオ新型の内装を全公開!広さは?おすすめのカスタムパーツでアレンジしよう!

デミオで車中泊を楽しむ方法や必須グッズをご紹介!

「出来るだけ値引きしてもらって安く買いたい…」
「ディーゼル車に乗りたいけど高いよな…」
「値引き交渉とか正直苦手…」
「ディーラーを何件も回るのはめんどくさい…」
「ディーラーにうまいこと言われて高く買わされるのが嫌…」
「新車を少しでも安く手に入れたい…」

新型デミオを手に入れたくても、
なかなか簡単には決められません。
そしてネットでの情報はあまりにも
溢れていて、何を参考にしていいのか
分からなくなりますよね。

友人に相談すれば、車のウンチクを語られたり、
家族には「安ければ何でもいい」と言われてしまい、、
なかなか解決はできません。

そんなアナタにとっておきの裏ワザがあるんです!!

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

知っているか知らないかだけの違いで
ここまで大きく金額に差がでてくるんですね

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする