新型デミオの試乗レビュー情報!試乗の際のポイントは?

デミオ試乗レビュー

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

コンパクトカーの中では、比にならないほどの高級感あるたたずまいで魅了してくれる新型デミオ。

このページでは、デミオの試乗をしてきた私の経験談を含めた失敗しない試乗ポイントと、新型デミオの口コミ情報を紹介していきます。

スポンサードリンク

試乗をする時のポイント

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

ディーラーに試乗に出かける時は、予約を入れてからでかけたほうが良いです。

そして、試乗の時に試乗するデミオの「ちょっとした愚痴」を言うようにしましょう。

どうして、そうするべきなのかを紹介していきます。

試乗はいきなりより予約をするほうが良い

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

マツダのデミオを試乗する場合は、ネットで予約するほうが良いです。

確かに、いきなりディーラーに行って、試乗することはできます。

しかし、マツダディーラーによっては、デミオ1台をグループ店舗で使い回しをしている店もあります。

そういう場合は、店に試乗車がない可能性があります。

私もマツダディーラーに、いきなり試乗をしたいと申し出たことがありました。

先ほど説明した通り1台の車を、グループ店舗内で使いまわしをして試乗できないこともあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

なので、試乗はできる限り予約をしてから、試乗をしたほうが良いでしょう。

人気車種の場合は店舗ごとに試乗車は置かない場合もあるので、予約は必須だと言えます。

逆に、不人気車やそれほど売れていない車の場合は、いきなり行って試乗することは可能です。

そこで、今買う車が人気車か不人気車かが、わかるかもしれません。

他にも、時間帯によって試乗車がないことも考えられるので、予約をしてからのほうが良いでしょう。

試乗はディーラーを変えて同じ車に乗るべき!

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

試乗するときは同じデミオでも、ディーラーを変えて試乗をするべきです。

一つの店舗だけだと営業マンの対応の違いを、見ることが出来ません。

新型デミオを買ったディーラーでのお付き合いは、今後しないと言うなら良いのです。

ですが、この先デミオを預けてメンテナンスなどの管理を、すべて任せるなら試乗のときから対応を見ておくほうが確実です。

たまにお客として、全くみてくれない営業マンも中にいらっしゃいます。

色んなマツダ系列のディーラーに行き試乗すれば、対応の良いディーラーを選別することも出来ます。

そして、デミオには「ガソリン」と、「ディーゼル」があります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

1つのディーラーだけだと、試乗車がガソリン車しか無いということもあるのです。

つまり、どちらのタイプも試乗したいという場合は、違う店舗に行けば乗れる可能性もあるということです。

さらに、1回だけの試乗ではチェックしたい箇所の全てを、確認していくのは難しいです。

しかも、試乗コースが短距離なら余計に、デミオの全てを知ることは出来ません。

1回だけの試乗で買ってから、「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性もあります。

私も1回だけの試乗で、「これは良い車だ」と思って実際に買った後から、いろいろな不満が出てストレスが溜まったことがあります。

なので、試乗は少なくとも、3回以上はすべきだと言えます。

試乗は1人より複数人で行くほうが良い理由

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

試乗をするときはできる限り、2人以上で行くべきです。

一人は後部座席に乗ってもらい、どういう座り心地なのかをチェックしてもらうのです。

私がデミオを試乗したときも、2人で試乗に出かけ一人は後部座席に座ってもらいました。

そうすることで、私の場合は後部座席の広さや座席の硬さなどを、チェックしてもらいました。

1人だと気づけない点もあったり、販売員に押し切られるということもあります。

知人や奥さんなどを連れて、試乗をしたほうが良いでしょう。

試乗した時に不満があるなら愚痴るべき!

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

日本人というのは不満があっても、人前で言うべきではないと教育を受けています。

しかし、場合によっては不愉快にならない言い方で、不満を漏らすのも良い方法です。

たとえば、後部座席が狭いというふうに言えば、営業マンは何らかの対策をアドバイスするかもしれません。

口が上手い営業マンは、似たような排気量で金額も妥当な車種を、勧めてくるかもしれません。

私もデミオを試乗した時に、「後部座席が狭い」とか「走りが悪い」と、不満を漏らしました。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

とはいえ、あからさまに「後部座席が狭い」とか「走りが悪い」とは、言ってません。

話の中で「通勤では坂道があるので、出だしが遅いとストレスが溜まりそうですね」と、そういう感じで不満を漏らしました。

私の担当をした営業マンの方は、ディーゼル車の試乗を勧めてきました。

このように、ちょっとした不満でも話の中で、やんわりと言うようにすれば対策を考えてくれる営業マンもいます。

大抵は不満を漏らすことが苦手な人が、非常に多いかもしれません。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

日常的に車をどういうふうに使うかで、どんな車に求める性能も決まってきます。

私のように通勤途中に峠があるという場合は、パワーのある車が良いと言えます。

デミオなら確かにディーゼルモデルの方が、最も最適で望ましい車だと言えるでしょう。

つまり、要望があるという場合は素直に、伝えたほうが買った後にストレスがたまりにくいのです。

ただ、不満を漏らすこと自体が、誹謗中傷だと思っている人は多いです。

ですが、自分の希望に合わない車かどうかを、確認するのも大切な方法だと言えます。

デミオも決して安くないので、慎重に考えて買うほうが良いのです。

スポンサードリンク

新型デミオの試乗の感想は?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

私は新型デミオを、先日試乗してきました。

ディーゼル車でグレードは「XD Touring」でカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」でした。

外観は最近のマツダの“顔”でとてもカッコイイ容姿で高級外国車のような雰囲気を持っていますね。

インテリアは従来の可愛らしいコンパクトカーとは全く違いシックで大人っぽいデザインで何ともいえない落ち着いた空間を演出してくれていました。

コンパクトカーなので広さは期待していませんでしたが運転席は程よく広く、またホールド感がとても居心地がよかったのに驚きました。

後部座席は正直に言えば、乗り心地は硬めで広くはないです。

また、180㎝の友人は後部座席では足元が窮屈と言っていました。

肝心の走りですが普通にストレスなくどこからでも加速してくれます。

営業マンの方も言われていましたが前モデルから排気量が増えたのでさらに加速がスムーズになったようです。

キレイな舗装道路を走行したので、路面の衝撃はチェックできませんでした。

しかし走行中もコンパクトカーと忘れるほど静かだと感じました。

デミオの乗り心地に関しては、人によって様々です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

他の人は、乗り心地に関してどう感じているのか、口コミを紹介していきます。

・シートの座り心地はよいです。
・やや硬め、路面の凹凸を拾いやすい
・MAZDA全般にいえますが固めです
・後部座席は狭いほう

デミオの座り心地に関して、意見は真っ二つに分かれてしまいます。

座り心地は良いという意見もありますし、座席は硬いという人もいます。

この辺は実際に乗って、試してみるのが一番だと言えます。

私が試乗したときは舗装道路の工事が完了してすぐだったので、衝撃が拾いやすいのかはチェックできませんでした。

デミオは衝撃を拾いやすいという口コミもあるので、できればそういった路面を走行できるコースがいいですね。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

ロールはあまりしないという口コミもあるので、あえて固めにセッティングしているのかもいしれません。

また、クッションを座席に敷いたりタイヤをインチダウンすれば、乗り心地が改善されるかもしれません。

後部座席は実際に乗ってみてとくに足元確認してみてください。

口コミを見ると「後部座席が狭い」という意見が、多くあるなと感じました。

スポンサードリンク

試乗レビューまとめ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

私がデミオを試乗した時に感じたのは、走りが想像よりも良かったということです。

試乗したのはディーゼル車だったので余計にそう感じたのかもしれません。

アテンザと同時に試乗をしたのですが、一番乗りやすいと感じたのはデミオでした。

ただ、コンパクトカーなので仕方がないのかもしれませんが後部座席が他と比べ狭いので、後ろに人を乗せる機会がたくさんあるのであればそこは要チェックかもしれません。

最後までお読みくださりありがとうございます!

キャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

「出来るだけ値引きしてもらって安く買いたい…」
「ディーゼル車に乗りたいけど高いよな…」
「値引き交渉とか正直苦手…」
「ディーラーを何件も回るのはめんどくさい…」
「ディーラーにうまいこと言われて高く買わされるのが嫌…」
「新車を少しでも安く手に入れたい…」

新型デミオを手に入れたくても、
なかなか簡単には決められません。
そしてネットでの情報はあまりにも
溢れていて、何を参考にしていいのか
分からなくなりますよね。

友人に相談すれば、車のウンチクを語られたり、
家族には「安ければ何でもいい」と言われてしまい、、
なかなか解決はできません。

そんなアナタにとっておきの裏ワザがあるんです!!

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

知っているか知らないかだけの違いで
ここまで大きく金額に差がでてくるんですね

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする