デミオのタイヤサイズ徹底攻略!純正は14?15?16?スタッドレスのサイズは?

デミオのタイヤサイズ

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

コンパクトカーとして幅広い世代や年齢のユーザーから人気を持っているマツダデミオ。

今回の記事ではデミオの純正タイヤサイズについて知識を深めてもらうとともに、スノータイヤに関してのタイヤサイズについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

デミオのタイヤサイズは純正だといくつ?

新型デミオ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

マツダデミオはコンパクトカーとして車の分類がされています。

コンパクトカーなのでタイヤサイズ自体もそれほど大きくないことが予想されますが、実際に純正のタイヤサイズはいくつになるのでしょうか。

タイヤサイズをきちんと把握しておくということは、デミオの走行を安定したものにすることのみでなく、車の安全性能にも関連してくるという重要なことですので、きちんと押さえておきましょう。

新型デミオ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

デミオの純正のタイヤサイズには15インチと16インチの2種類があります。

15インチのタイヤサイズは『185/65R15』なっています。

それに対して16インチのタイヤサイズは『185/60をR16』となっています。

デミオのグレードによっても使用できるタイヤサイズが異なっています。

ガソリン車のグレードでは全ての車が15インチのタイヤサイズとなっています。

そしてディーゼル車に関してはノーマルの「XD」を除くグレードがタイヤサイズ16インチとなっているので注意が必要です。

デミオタイヤ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

それでは、タイヤサイズが違うことによって走行性能にどのような影響を与えてくるのでしょうか。

前の項目で紹介したように、マツダデミオの純正タイヤサイズは15インチと16インチのタイヤサイズがあることがわかりました。

1インチのタイヤサイズの違いがどの程度走行性能に影響してくるかということについて知らないユーザーは多いと思います。

このわずかな違いがデミオの走行性能にどのような影響を及ぼしてくるかということについて、ここから解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

15インチと16インチの性能の違い

デミオタイヤ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

デミオのグレードによってタイヤサイズを変えているということは、それらのグレードに合わせた走行性能を十分に発揮するためのタイヤサイズが決まっているということです。

これらのことを理解せずに違ったタイヤサイズをつけてしまうと、それらのグレードの最大限の走行性能を発揮することができないということにつながってきます。

車の持っている能力を十分発揮するためには正しいタイヤサイズを選択して装着しておく必要があります。

静粛性の違い

デミオ乗り心地

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

まず1つ目にタイヤサイズが違うと車の静粛性に大きな影響を与えるという特徴があります。

それぞれのタイヤサイズの車の静粛性についての口コミを比較してみると、15インチのタイヤサイズの方が16インチのタイヤサイズに比べて静粛性が優れているというコメントを多く見つけることができました。

特に高速道路を走行していると車の静粛性には大きな差が出てきます。

16インチのタイヤサイズで高速道路を走行する方が、15インチのタイヤサイズで走行した時よりもロードノイズが大きかったという感想を持つユーザーが多いです。

それでも1インチの差ですから、さすがに時速90km/hを超えてくると15インチのタイヤサイズであってもロードノイズが気になってくる傾向にあるようです。

乗り心地の違い

デミオ乗り心地

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

2つ目のタイヤサイズの違いの特徴として、乗り心地の違いという点があります。

デミオ自体が他のコンパクトカーと比較して路面の小さな段差であったり悪路を走行した時の衝撃を強く感じるというユーザーは多いです。

場合によってはアクセルを通して足に衝撃が来るというユーザーもいるので、デミオ自体が元々地面の感覚が伝わってきやすい車のタイプなのかもしれません。

タイヤサイズでの路面からの衝撃の感覚を比較してみると、15インチよりも16インチの方がより路面の振動が強く伝わってくる印象を持ったユーザは多いです。

ちょっとしたタイヤサイズの違いですが、ここまで違いを実感できるものなのですね。

安定性の違い

デミオ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

3つ目のタイヤサイズの違いの特徴として、車の安定性が違ってくると言ったことがあります。

車の安定性はタイヤサイズが大きくなればなるほど高くなってくるということはご存知の方も多いかもしれません。

よって、15インチと比較すると16インチのタイヤサイズの方が車の安定性は高くなってきます。

直線で走行している時のデミオの安定性のみでなく、タイヤサイズが大きいぶんコーナーやアップダウンの多い道路での安定性がよくわかるようになってきます。

車の安定性の面で言うと他のコンパクトカーと比較してデミオ自体が安定性の高い車と言われています。

なのでさらに車の安定性を向上させたいのであればタイヤサイズの大きいグレードのデミオを選択すると良いでしょう。

新型デミオ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

また、タイヤサイズが大きくなってくると扁平率も低くなってくるので、その面でもコーナーや悪路での安定性が向上するということに関係していると言えます。

そのぶん、タイヤサイズが大きくなることのデメリットとして路面からの衝撃を強く感じてしまうということがあります。

タイヤサイズを大きくすることでメリットもあればデメリットもありますので、ドライバーの好みに合わせたタイヤサイズを選択することが重要になってきそうですね。

スポンサードリンク

デミオのスタッドレスタイヤのタイヤサイズはいくつ?

ここまではデミオのグレードが違うことでタイヤサイズも変わってくるということが理解できたとおもいます。

またタイヤサイズが違うことによってドライバーにどのような影響が出てくるかということについてもあわせて解説してきました。

それでは、 デミオのタイヤサイズはスタッドレスタイヤになると変わってくるのでしょうか?

デミオのスノータイヤはノーマルタイヤと同じタイヤサイズを装着していれば問題ありません。

ノーマルタイヤと同様にガソリン車のグレードでは全ての車が15インチのタイヤサイズとなっており、 ディーゼル車に関してはノーマルの「XD」を除くグレードがタイヤサイズ16インチとなっているので注意が必要です。

スタッドレスタイヤ

スノータイヤでのタイヤサイズごとの違いはノーマルタイヤで述べた時と同じようなことが言えます。

しかし、スノータイヤは地面との摩擦抵抗を増やす傾向にあるため、燃費の面ではノーマルタイヤよりも悪くなること予測できます。

また、タイヤサイズが大きくなればなるほど扁平率も下がってくるため、路面との接触面積が大きくなるぶん燃費も悪化する傾向があります。

燃費を高い状態で維持したいのであれば、時期を見計らって適切にタイヤ交換をしていくことも上手にデミオを管理していく上では必要な知識だと言えます。

デミオの純正タイヤサイズを把握しておこう!

デミオタイヤ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/

今回の記事ではデミオの純正タイヤサイズについて紹介たことと、タイヤサイズが異なることによるドライバーへの影響についてもあわせて解説してきました。

スタッドレスタイヤになってもデミオのタイヤサイズは変わらないことがわかりましたね。

異なるタイヤサイズのタイヤを装着すると、車の持っている走行性能や安全性に大きく影響を及ぼしてくる可能性がありますので、持っている車の純正タイヤのサイズを把握しておくことは非常に重要なことです。

また、燃費に関してもタイヤサイズやタイヤの種類が異なることで変わってくることも分かったので、燃費を気にする場合はタイヤサイズに注目してみるとよいでしょう。

安全で快適にドライブを続けていくために、今回の記事を参考にして知識を深めていってもらいたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます!

アイキャッチ画像引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/

関連記事

デミオ新型のサイズは?大きさを徹底解説!ライバル車CX3より大きい!?

「出来るだけ値引きしてもらって安く買いたい…」
「ディーゼル車に乗りたいけど高いよな…」
「値引き交渉とか正直苦手…」
「ディーラーを何件も回るのはめんどくさい…」
「ディーラーにうまいこと言われて高く買わされるのが嫌…」
「新車を少しでも安く手に入れたい…」

新型デミオを手に入れたくても、
なかなか簡単には決められません。
そしてネットでの情報はあまりにも
溢れていて、何を参考にしていいのか
分からなくなりますよね。

友人に相談すれば、車のウンチクを語られたり、
家族には「安ければ何でもいい」と言われてしまい、、
なかなか解決はできません。

そんなアナタにとっておきの裏ワザがあるんです!!

下取りをするなら、必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では60万円になることも
当たり前のようにあります!!

一括査定サイトを使うことにより、
大手買取会社(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるため、
その結果、買取価格が
予想以上の金額になるというわけなんですね!

知っているか知らないかだけの違いで
ここまで大きく金額に差がでてくるんですね

もちろん、走行距離も高く
買取される大きなポイントなので
早ければ早いほどお得ということです!
やらなきゃ絶対に損!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする